ピンサロとは

ピンサロとは女性スタッフを主とした店員が性的なサービスで接客する風俗店のことだ。風俗店なのだが、合わせて飲食物が提供されることもあり、メディアでは飲食店と表記されることもしばしばあり、それは法律上の建前に準じている。

ピンサロの発祥は、中村うさぎ曰く、1960年の大阪だという。風俗店の先がけというものはだいたいが大阪なのだという。このピンサロといいノーパン喫茶といい、大阪は風俗のトップランナーだったと。続けて曰く、その発祥時は、アルバイトサロンとも言われ、仕切りや個室ではなく、ハンカチで手と男性器を隠して性的サービスに及ぶという粗末な作りだったという。これは、ピンサロが法律上の建前として飲食店であるため、個室を設けることが出来ないためだとされている。具体的には、風営法における風俗営業2号営業や、深夜における酒類提供飲食店営業の届け出で営業しており、他の性風俗店とは異なり、性風俗関連特殊営業に位置づけられていない。また、飲食店として風俗禁止エリアに出店している店も多い。そのため、営業停止処分などの摘発を受けるケースも多く、ピンサロが業態を変えるなど、その人気にもかかわらず、店舗数が減っているという向きもある。

また、1970年代に入ってフェラチオによる抜きのサービスが生まれ、ブームとなった。比較的安価なその値段。幅広い時間帯なども相まって、その人気は現在まで続き、幅広い地域、また幅広い年齢層に親しまれている。依然として根強い人気はある。